打球直撃もオリックス・能見は踏ん張った 患部のお尻をアイシングし「でかくなりました」

[ 2021年5月5日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス6-6西武 ( 2021年5月4日    メットライフD )

<西・オ(8)>グラブトスでアウトにする能見(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 41歳の代役守護神が踏ん張った。

 オリックス・能見が9回に7番手で登板し1回無失点。先頭の呉念庭(ウーネンティン)の打球が左臀部(でんぶ)に直撃するも、素早く処理してアウトに。その後、四球と安打などで2死二、三塁を背負ったが、最後は源田を二ゴロに打ち取り窮地を脱した。

 平野佳、ヒギンスが故障離脱中の救援陣を支える左腕。帰り際は患部にアイシングを施し、「(おしりが)でかくなりました」と冗談めかして問題なしを強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年5月5日のニュース