つば九郎「たいしょよていはいまのところありません」 主催1900試合連続出場(スタッフ調べ)達成

[ 2021年5月5日 18:53 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―2阪神 ( 2021年5月5日    神宮 )

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」
Photo By スポニチ

 ヤクルトの人気球団マスコット「つば九郎」が5日の阪神戦(神宮)で主催1900試合連続出場(球団スタッフ調べ)を達成した。

 試合前恒例の“フリップ芸”「きょうのひとこと」コーナーでは「ちーむのちょうなんてきそんざいのつばくろうですがちーむをたいしょよていはいまのところありません」と高らかに宣言。「でびゅー28ねんめのつばくろうですがほんじつのしあいでしゅさいじあい『1900』しあいれんぞくしゅつじょうとなります!!※すたっふ~!しらべ」と報告した上で「あくまでもつうかてんです」と言い切った。

 そして、「きろくより、きおくにのこるますこっとめざします!!!」と今後の目標も掲げたつば九郎。「たいがーすのみなさん。『そんたく』よろしくです」と図々しくお願いしたが、試合は2―2の引き分けに終わり、阪神戦は開幕7戦勝ちなしの6敗1分け、また、デーゲーム今季初勝利もならず8敗3分けとなった。

 試合後、自身のブログを更新したつば九郎は「こどものひ、かちたかった。おくがわくんも、よかった。つぎにきたい。あくまでも、つうかてん。きおくにのこるますこっとになれるよう、ひびべんきょう」としおらしくつづったものの、すぐさま「おなかへった。かしわもちは、にがてです。かしわにくは、すきです~でへへ。みんなえみふる」と締めの言葉。ツバメのくせに鶏肉が好物という黒いコメントを残して「子どもの日」のメッセージとした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月5日のニュース