オリックス・吉田正 4安打もサイクルに意識なし「僕は三塁打の確率が低いので」

[ 2021年5月5日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス6-6西武 ( 2021年5月4日    メットライフD )

<西・オ8>5回1死二塁、左前適時打を放ちガッツポーズする吉田正(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 オリックス・吉田正がリーグ単独2位となる7号ソロを含む4安打3打点と存在感を発揮した。

 初回に中越え適時二塁打、3回は右越えソロ、5回に左前打を記録。三塁打を放てばサイクル安打達成だったが、7回は二ゴロ、9回は投手強襲の内野安打だった。

 「周りから言われましたけど、僕は三塁打の確率が低いので意識しなかったですよ」とし、「どんな状況でも最低限の仕事はできるように」とチームの勝利を求めた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月5日のニュース