エンゼルス・大谷 右肘回復傾向 早ければ6日復帰登板

[ 2021年5月5日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―7レイズ ( 2021年5月3日    アナハイム )

前日右肘に死球を受けた大谷(AP)
Photo By AP

 先発登板を回避したエンゼルス・大谷は試合前は右肘に白いサポーターをつけて練習に参加。

 痛みや腫れなどの症状は軽く回復傾向にあり、ジョー・マドン監督も「試合前のキャッチボールの感じは良かった。明日の様子を見て水曜日(5日=日本時間6日のレイズ戦)の可能性について考える」と早期の復帰登板も示唆した。

 平地でのキャッチボールでは座った捕手に対し変化球を交え5、6割程度の強度で投げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月5日のニュース