ソフトバンク・今宮が「ジャストミート」決勝三塁打!守備のミスから一気生還 チームは再び首位に1差

[ 2021年5月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―4楽天 ( 2021年5月4日    ペイペイD )

<ソ・楽>2回2死一塁、適時三塁打を放った今宮は相手守備が乱れる間に一気に生還する(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 1点を追う2回に同点とし、なお2死一塁からソフトバンク・今宮が中越えに決勝三塁打。相手の守備のミスも絡んで一気に生還し「直球をジャストミートすることができた」と喜んだ。

 首位攻防の第1ラウンドだった前日は昨年10月から続いていた同戦の連勝(2分け含む)が7で止まったが、仕切り直しの一戦で打線が4回までに6点を奪い投手陣もリードを死守。再び首位に1ゲーム差に迫った工藤監督は「リリーフ陣はよく投げた。明日(5日)も全員で行く」と見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月5日のニュース