阪神・大山 復帰即4番の意地 9回にタイムリー三塁打

[ 2021年5月5日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神11ー5ヤクルト ( 2021年5月4日    神宮 )

<ヤ・神6>9回1死二塁、大山が適時三塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 積極的休養により2日の広島戦を欠場した阪神4番の大山が戦列復帰した。

 3回無死一、三塁では空振り三振を喫し、5回には三塁ベースカバーに入った中野への悪送球で勝ち越しを許す流れだったが、9回1死二塁で右中間を抜く適時三塁打を放って気を吐いた。

 矢野監督も「あそこの1本は明日にとって全然違う」と評価し、「もっといいバッター、4番になってもらうためには前半でかえすのが求められる」と注文も忘れなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月5日のニュース