巨人・原監督が坂本にバント指令「不思議なことではない」 完璧今季初犠打で得点圏に走者進めた

[ 2021年5月5日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―1広島 ( 2021年5月4日    マツダ )

<広・巨>7回無死一塁、坂本は送りバントを決める(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 1点を奪えば勝てる「勝機」と見た。巨人・原監督が坂本に送りバントを指示したのは1―1の7回無死一塁。「不思議なことではないでしょう。上回りたい、勝ち越したいというところ」。床田の初球を一塁側に転がす。1球で得点圏に走者を進める完璧な今季初めての犠打だった。

 原監督は主力打者への犠打をいとわない。6回までは4度も得点圏に走者を進めながら1得点だったチームに、勝負どころだと伝える意図もある。前日に本塁打、3回に左前打していた強打の2番打者を「勇人は何でもできる人だから。監督としては価値の高い選手」と勝利への役割を全うさせる最善策を取った。1死一、二塁で岡本和の右翼への大飛球が好捕されるなど、得点にはつながらなかった。引き分けたが、勝負への厳しさが見えた場面だ。(神田 佑)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月5日のニュース