中日・大野雄 4失点で不本意な白星 早くも雪辱宣言「また対戦がある。しっかり反省して次は抑えます」

[ 2021年5月5日 05:30 ]

セ・リーグ   中日8-4DeNA ( 2021年5月4日    バンテリンD )

<中・D(8)>3回、顔をしかめ謝るポーズでベンチに戻る大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の先発・大野雄は、DeNA打線を相手に7回7安打4失点と粘り、今季2勝目を手にした。

 初回に4点の援護をもらったが、直後の2回にソトに3ランを被弾。8―3の6回にも佐野に本塁打を許し、今季初の1試合2被弾となった。

 不本意な内容での白星だった昨季の沢村賞左腕は「また対戦があると思うので、しっかり反省して次は抑えます」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月5日のニュース