ソフトバンク・笠谷 5回途中4失点KO 中継ぎに配置転換へ

[ 2021年5月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―4楽天 ( 2021年5月4日    ペイペイD )

<ソ・楽>5回途中降板する笠谷(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発の笠谷は4回0/3、2被弾を含む4安打4失点で降板した。85球で4四球の内容に工藤監督は中継ぎへの配置転換を固めた。火曜日の先発を任せてきたが「(枠から外す?)かもしれない。短い回を投げるのが1つの方法かな。球の力はあるし1、2回ならもう少し投げられる」とした。

 笠谷は「いい流れをつくれなかった。もっと長い回を任せてもらえる投球がしたかった」とうなだれた。11日の火曜日は4日に2軍戦で調整登板した武田が有力だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月5日のニュース