DeNA 先発・浜口は6回無失点の好投で今季2勝目 与四球わずか1と制球安定

[ 2021年5月5日 17:08 ]

セ・リーグ   中日0―4DeNA ( 2021年5月5日    バンテリンD )

<中・D>力投する先発の浜口(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAの先発・浜口が抜群の安定感を披露した。

 初回1死から上位打線を4者連続三振。得点圏には3度走者を背負ったが、落ち着いたマウンドさばきで得点を与えなかった。

 6回を3安打無失点。8奪三振の一方で与四球はわずかに1と、課題の制球面で崩れず2勝目を挙げた。

 今季の開幕投手。前回登板の4月29日の広島戦で6試合目にして今季初勝利を挙げ、開幕投手12人の中で最後に白星を手にした。
 そこから中5日でのマウンド。「調子自体は良かった。両サイドにうまく直球を投げ分けることができて、変化球も低めに集められた」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月5日のニュース