ゴリラに餅? 効き目あったで阪神・陽川が同点適時打 井上ヘッドから「厄払いしとけ」で変身!

[ 2021年5月5日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神11ー5ヤクルト ( 2021年5月4日    神宮 )

阪神・陽川が井上コーチからもらった「厄祓い餅」。球団公式インスタグラム(@hanshintigers_official) より

 差し入れのお餅パワーだ。終盤の猛攻を呼ぶ値千金の同点タイムリーを放った阪神・陽川は「井上ヘッドにいただいた厄払いのお餅の効果が出ました」と、飛びきりの笑顔を見せた。

 大山が積極的休養により欠場した2日の広島戦(甲子園)では、6番スタメンのチャンスに4打数無安打3三振とアピールできずに終わっていた。神宮での試合前に井上ヘッドから「これを食べて厄払いしとけ」と渡されたのが、ささで巻いたお餅。かしわ餅が定番のこどもの日には1日早かったが、陽川には効果テキメンだった。

 2点ビハインドの6回2死一、二塁から代打で登場すると、田口の初球139キロカットボールを左中間にはじき返し、同点の2点二塁打。ベンチでは佐藤輝もゴリラポーズで喜びを表現するなど、相手の白星を消し、ベンチをグッと盛り上げた。

 「広島戦で打てなかったので、チャンスで初球から自分のスイングをしようと決めていた。何としても打ちたかった。配球を読んだり、去年からの経験を生かせていると思う」

 代打安打は2本目だが、タイムリーは今季初。神宮での打席は3月27日、長谷川からの本塁打に続き2打数2安打と絶好調。球団公式インスタグラムでも厄払い餅を持つ姿がアップされた。ラッキーアイテムを手にゴリラパンチも威力拡大だ。 (鈴木 光)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月5日のニュース