楽天マー君が復帰戦全投球を映像チェック「情けない」 公式YouTubeで巻き返し誓う

[ 2021年4月17日 22:31 ]

<日・楽(5)>1回2死一塁、中田に左中間への先制2ランを打たれる田中将(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 楽天・田中将大投手が17日、自身の公式YouTubeチャンネル「マー君チャンネル 田中将大」を更新。楽天復帰後、公式戦初登板となったこの日の日本ハム戦を振り返った。

 田中将は先発して5イニングを投げ、2本塁打を含む4被安打、3失点で降板。試合はそのまま敗れ敗戦投手となった。日本での黒星は12年8月19日の西武戦以来、3163日ぶりとなった。

 試合では直球のコントロールが定まらず、初回の中田、2回の石井に浴びた2本の本塁打は、いずれも捕手の構えたミットとは逆球となり浮いたところを捉えられた。「狙ったところと全然違うところに投げていた。話にならないというか自分で情けないですね」と悔しさをにじませた。

 登板後に全投球を映像で見返したという。その上で修正が必要なポイント。改善点や、そのための自信などを改めて口にしている。

 「負けたゲームの振り返りを話して、暗いものをお届けしなければならなくなってしまった。次回は喜びの言葉を皆さんにお届けできるように、ですね」と力強く巻き返しへの誓いも口にした。次回登板はローテーション通りなら中6日で24日、本拠地での西武戦先発が見込まれている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース