森の一撃で西武奪首!阪神・藤浪と「大阪桐蔭決勝アベック弾」、守備でも魅せた執念の好捕

[ 2021年4月17日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2ー1ソフトバンク ( 2021年4月16日    メットライフD )

<西・ソ>6回1死、森が決勝3号ソロを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 絶対に離さない――。西武・森の勝利への執念が、10日ぶりの首位奪取を呼び込んだ。

 「(一塁)ベンチが近かったので“怖いな”と思った。でも、捕ればチェンジなので、死に物狂いで捕りにいきました」

 首位攻防の第1ラウンド。1点リードの7回2死一、二塁で甲斐が打ったファウルを全力で追い、倒れながら好捕した。捕った自らも驚いた緊迫のワンシーンも、お立ち台では「あれは(一塁手の)ウーさん(呉念庭)が捕るべきだと思います」と笑いに変えた。

 その直前に勝利を引き寄せたのも森だった。6回1死で石川の直球を右翼席へはじき返す会心の決勝3号ソロ。試合のなかった15日の全体練習で赤田打撃コーチの指導を受け「タイミングの取り方で“これや”というのが見つかった。久しぶりの完璧な当たり」と破顔一笑だ。

 この日、甲子園では大阪桐蔭時代に1学年上でバッテリーを組んで12年に春夏連覇を達成した藤浪が決勝の1号2ラン。約400キロ離れた球場での「決勝アベック弾」に「藤浪さんはリーチが長いので当たったらめちゃくちゃ飛ぶ。(地方)大会でもボチボチ打ってたし甲子園でも(本塁打を)打ってます。打撃は割といいなというイメージ」と評した。

 左ハムストリングの軽度の肉離れで離脱中の山川が今月中の復帰へ向け、打撃練習を再開。直接連絡は取ってはいないが「SNSで動画を上げていたので、もうすぐ帰ってくると思う。若手が生き生きプレーしているし、辛抱強くやるだけです」と言う。ベストな布陣となるまで25歳の若き司令塔が、攻守でチームをもり立てる。(花里 雄太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース