日本ハム・今川、力の差見せつけられた…「6番・右翼」で初スタメンも楽天・涌井に3打数無安打

[ 2021年4月17日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1-4楽天 ( 2021年4月16日    東京D )

<日・楽>4回1死一、三塁、今川は三振に倒れる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 厳しい現実を思い知らされた。日本ハムのルーキー・今川は試合後、ハイタッチに沸く楽天ナインの姿を目に焼き付けた。「凄く悔しい。スタメンに起用してもらったのに結果を出せなかった」。

 1軍初昇格初日から「6番・右翼」でスタメンに抜てきされ、守備位置に就くたび全力疾走で場内から拍手を浴びた。だが、打席では過去4度最多勝に輝いた涌井に3打数無安打とひねられた。「2打席目にチャンスで回って、あそこで打てれば試合の結果は分からなかったのに…」。同点の4回1死一、三塁は直球2つで追い込まれ、スライダーで3球三振。「見たことない軌道でした。プロは凄いな」と脱帽した。

 デビュー戦は結果を残せなかった。それも二転三転した野球人生を送ってきた苦労人らしい。栗山監督も「内容は良かったね」と話した。

 試合後ミーティングを終えると、今川は万波と試合のビデオを凝視しながらトス打撃を繰り返した。道産子の逆襲はここから始まる。(伊藤 幸男)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース