巨人・スモーク 今度は左打席でタイムリー 2軍戦で2試合連続マルチ&打点をマーク

[ 2021年4月17日 15:51 ]

イースタン・リーグ楽天戦、6回に右前2点打を放ったスモーク
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人、ジャスティン・スモーク内野手(34)とエリック・テームズ外野手(34)が17日、ジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグの楽天戦に出場し、連日の実戦調整を行った。

 メジャー通算196発の両打ちスラッガー・スモークは「4番・DH」で先発。この日は相手先発・高田孝が右腕のため左打席に立ち「良い所に落ちてくれたね。タイムリーになって良かった」と6回に2試合連続の適時打となる右前2点打を放った。3回にも中前打を打っており、マルチ安打も2試合連続でマークした。

 同96発のテームズは「3番・左翼」で6回まで出場。2打数無安打だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース