「名刺代わり」のナイスピッチ 藤浪のピンチを摘んだ阪神・小林が初H「顔と名前を覚えてもらえるように」

[ 2021年4月17日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2ー0ヤクルト ( 2021年4月16日    甲子園 )

<神・ヤ>6回のピンチに登板した阪神・小林は内川を空振り三振に仕留めガッツポーズを決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・小林が大きな仕事を果たした。2―0の6回2死一、二塁で藤浪を救援。内川を149キロの外角直球で空振り三振に仕留め、最大の難所を切り抜けた。

 「とにかく弱気にならないことだけを思って上がりました。本当にゼロで抑えられて良かった」

 続投した7回も先頭の西浦を空振り三振に仕留めて岩貞へバトンを渡し、移籍2年目で初ホールド。開幕から6試合連続無失点へ伸ばした。

 甲子園球場のお立ち台にも初めて上がり、「試合より緊張します」と苦笑い。「まだ顔と名前を覚えられてない方がたくさんいると思うので、覚えてもらえるように頑張っていきます。よろしくお願いします!」とあいさつした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース