菊池雄星 今季初白星ならず 7回6安打5失点

[ 2021年4月17日 13:36 ]

ア・リーグ   マリナーズ―アストロズ ( 2021年4月16日    シアトル )

アストロズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池雄星投手(29)は16日(日本時間17日)、シアトルでのアストロズ戦で今季3度目の先発登板。7回91球を投げ5失点で降板、今季初白星はならなかった。

 アストロズは新型コロナに関連した措置で、アルテューベ、ブレグマン、アルバレス、マルドナドなど主力5選手が負傷者リスト入りした状態。ジャッキー・ロビンソンの日で42番を付けた菊池は4回までは許した走者は四球による一人のみ、球数わずか35球と圧倒していた。

 だが5回に突如3失点。1死から5番コレアに93マイル(約150キロ)のカッターをとらえられ中前打で初安打を許すと、6番から8番の代役新人トリオに攻略された。6番ジョーンズはストレートの四球、7番はメジャーデビュー戦のデゴッティで、92マイル(約148キロ)のカッターを右方向に転がされ適時打、右翼手の三塁への悪送球で2点目も入った。8番マコーミックは96マイル(約154キロ)の外角高めのまっすぐを左中間二塁打で、3点目が加えられた。6回マリナーズは2点を返したが、7回、再び新人のジョーンズ、デゴッティに連打を食い、2番ベテランのディアズの適時打で2人が生還、2―5と引き離された。7回91球を投げ5失点で降板。菊池の防御率は4・74となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース