中日・根尾がチャンスで決めた 右前2点適時打で自身初のマルチ打点「いいところで1本出て良かった」

[ 2021年4月17日 16:41 ]

セ・リーグ 中日ー広島 ( 2021年4月17日    バンテリンD )

<中・広>7回1死満塁、中日・根尾は右前2点適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・根尾昂内野手(20)が4月7日DeNA戦(バンテリンドーム)以来、出場7試合ぶりの適時打を放ち、チームに貴重な追加点をもたらした。

 1―0の7回1死満塁、広島先発・九里から右前に2点打を放ち「くらいついて、いいところで1本出て良かったです」とコメントした。1試合2打点は自身初となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース