ソフトバンク・松田宣が2号2ランに「コンパクトマックス」 「熱男~!」もコロナ禍踏まえ小声の配慮

[ 2021年4月17日 19:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―西武 ( 2021年4月17日    メットライフD )

<西・ソ5>4回無死一塁 左越え2ランを放つ松田宣(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 熱男ポーズが飛び出した。3点リードの4回、無死一塁。松田宣浩内野手(37)が先発浜屋の141キロの直球を弾き返し、左翼席に運んだ。2号2ランだ。

 「コンパクトマックスでいきました。追加点を取ることが出来て良かったです」。コロナ禍を踏まえ、ベンチ前では小声で「熱男~!」と発した。2回にも中前適時打を放っており、マルチ安打3打点をマーク。西武戦は開幕から4連敗中。初白星に向け、ベテランが打線を引っ張る。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース