中日・柳が「男前」の今季初星 「ガールズデー」に奮起?した14奪三振「今日は長い回を投げたかった」

[ 2021年4月17日 17:29 ]

セ・リーグ   中日5ー0広島 ( 2021年4月17日    バンテリンD )

<中・広>3回2死満塁、坂倉を投ゴロに打ち取り、ガッツポーズする中日・柳(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・柳裕也投手(26)が8回6安打無失点の好投で今季初勝利を挙げ、チームの連敗を4で止めた。自己最多の14三振を奪う完璧な内容に「勝負どころで三振が取れたので良かったと思います」とお立ち台で笑顔を見せた。

 初回に1死二、三塁としながら、鈴木誠を空振り三振、坂倉を二ゴロに仕留めてピンチを脱出。直球を軸に、スライダー、カットボール、カーブなど多彩な変化球を効果的に交え、安定して回を重ねた。最終回こそR・マルティネスに託したが「連日、リリーフの投手が頑張っているので、今日は長い回を投げたいと思っていた」と気持ちを込めて8回116球を投げ抜いた。

 この日は女性来場者全員に「元気・可愛い・スポーティー」をテーマにデザインされた「ドラ恋ユニホーム」がプレゼントされた。「今日はガールズ(ユニホームプレゼント)デーなので、気合いが入っていました」と笑い、会場から大きな拍手を浴びていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース