イケメン王子の広島・大道 キラキラ光る初勝利 恩師にたたき込まれた美しい投球フォームで2回無失点

[ 2021年4月17日 05:30 ]

セ・リーグ   広島7-3中日 ( 2021年4月16日    バンテリンD )

<中・広>初勝利を挙げた大道(左)は、ウイニングボールを手に佐々岡監督と記念撮影に応じる(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 エース大瀬良が離脱し投手陣の底力が試された一戦でルーキー右腕が躍動した。広島のドラフト3位・大道が2点リードの6回から登板し6試合目で初の複数回となる2回無失点でうれしいプロ初勝利を勝ち取った。

 「大学の頃を思い出した。ベンチ前でキャッチボールしたり。2イニング目、すごい新鮮な感じがした」

 5回2死満塁を同じ新人の森浦が抑え、迎えた6回。大島、京田に連打され無死一、二塁とされたが後続を打ち取ると、7回は3人で抑え相手の反撃を完全に寸断した。

 イケメン王子と呼ばれ、投球フォームも美しい。その根底にあるのは青森・八戸学院大時代に培ったものだ。入学当初に楽天・青山、巨人・高橋らを育てた正村公弘監督に投球フォームの根本的な見直しを迫られたが「受け入れられなかった」と拒否。翌日から毎日、監督室でシャドーピッチングしては「そうじゃない」と否定され、納得いくまで繰り返した。「結局、試合で出た課題が監督の指導に当てはまっていた」。4年生を迎える前に「教えることはなくなった」と完成を伝えられ4年秋はリーグ記録に並ぶ1試合18奪三振、7回無安打無得点など快投を連発。「正村監督なくして、今の僕はない」と感謝する。

 試合後にはウイニングボールを手に、佐々岡監督と記念撮影。「初登板、初クローザーはまだ自分で持っている」といい、初勝利と合わせ近いうちに実家に送るつもりでいる。

 6試合計7イニングを投げ無失点。「毎日がいい経験」という新人右腕が勝利の方程式を完成へと導く。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース