中日・福留、さすがの適時二塁打 復帰後初3番でチーム5試合ぶりの先取点 通算400二塁打に王手

[ 2021年4月17日 15:30 ]

セ・リーグ 中日ー広島 ( 2021年4月17日    バンテリンD )

<中・広>4回1死二塁、中日・福留は先制となる右翼線適時二塁打を放ち、二塁上で手を叩く(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・福留孝介外野手(43)が復帰後初めての3番で、3試合ぶり先発出場。4回、チームにとって5試合ぶりとなる先制点を叩き出した。

 0―0の4回1死二塁、広島先発・九里のカーブをとらえ、右翼線に先制二塁打。二塁上、左手で拳を作り、一塁ベンチに向けて2度、突き出した。

 「(先発の)柳が頑張っているし、チャンスを作ってくれたので、何とかしたかった。いいところに飛んでくれました」

 この一打で史上13人目の通算400二塁打にリーチ。今月26日に44歳となる球界最年長が勝負強さを見せつけた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月17日のニュース