広島・正随 ホロ苦い併殺デビュー「打席に入るまではすごく緊張した」

[ 2020年9月9日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-1ヤクルト ( 2020年9月8日    マツダ )

<広・ヤ(9)>6回2死一、二塁、プロ初打席の代打・正随は遊ゴロ併殺に倒れる (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の正随は、ホロ苦いプロ初出場に終わった。

 4―0の6回1死一、二塁で九里の代打として登場するも、カウント1―2からの長谷川のチェンジアップを捉えきれず遊ゴロ併殺に倒れた。

 「打席に入るまではすごく緊張しました。ストライクを振りにいけたことはプラスですが悔しい」。

 6日に初昇格したドラフト6位入団の大卒2年目。まずは「右の代打」として長打力をアピールする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース