阪神・近本 逆転阻止の好返球 前夜は「近本で負けた」の悪送球も汚名返上

[ 2020年9月9日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7-7DeNA ( 2020年9月8日    横浜 )

<D・神(13)> 6回2死二、三塁、大和の打球をさばいた近本は本塁に好返球で二塁走者の生還を阻止する(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 倍返し……とはいかないまでも、阪神・近本が雪辱のストライク送球でチームを救った。

 「しっかり自分のできることをやろうと思って、それができたという結果なので。しっかり落ち着いてプレーできたことが、よかったと思います」

 6回だ。6点を失いなおも2死二、三塁。一打逆転の場面で大和が放った打球は中前に抜けた。猛虎にとっては絶望的な状況を近本の肩が救った。果敢に前進して打球を処理すると、本塁へ向け思い切り腕を振った。送球は本塁上で構えられた捕手・坂本のミットにワンバウンドで収まり、二塁走者・神里の生還を阻止。勝ち越しを許さなかった。

 前夜の汚名返上だった。7日の巨人戦では3回1死満塁で浅い中飛を処理した際に本塁悪送球で先制点を献上。再度、浅い飛球を処理した4回1死二、三塁では本塁までスリーバウンド送球となり、2点目の生還も許した。試合後に矢野監督から「近本で負けたかなと思っている」と言われ「近本自身が成長して残りの試合でどうやって勝たせていくかが求められる」と叱咤激励を受けたが、その思いに一日で応えた。

 打っても初回に13打席ぶり安打となる中前打で大山の先制満塁弾をお膳立て。四球で出塁した9回は福留の空振り三振の間に17盗塁目となる二盗も決めた。走攻守にわたる働きに、心を鬼にした指揮官も「昨日の今日で、いきなりというところではチームの中心の中心というか、頑張ってもらわないといけない選手なんで。初回も1本出て。いいプレーやったと思う」と賛辞を惜しまなかった。 (惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース