中日・与田監督 3被弾の坂本に「対策考えないといけない」

[ 2020年9月9日 21:44 ]

セ・リーグ   中日4―5巨人 ( 2020年9月9日    ナゴヤD )

<中・巨>6回1死二塁、交代を告げる与田監督(左)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は今季初の4被弾と投手陣の乱調で3連敗を喫した。

 与田監督は坂本に3打席連続アーチを浴びた投手陣を「素晴らしいバッターであるのは間違いないので、そこを何とか抑えようと思って当然投げているので、打たれたからと言って責めることはしませんけど、対策は考えないといけない」と言及した。

 打線は木下拓、大島が今季初本塁打を放つなど、点を取られても取り返し前夜、零封負けからの意地を見せたが及ばず。それでも指揮官はこの日マルチ安打を記録した平田を「徐々に上がってきていると思う」とし、復調に期待を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース