DeNA ドラ2・坂本が5回7失点も…6回0―7から打者11人で7点挙げドロー

[ 2020年9月9日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―7阪神 ( 2020年9月8日    横浜 )

<D・神>6回1死満塁、坂本の捕逸で三塁走者・倉本が生還(投手・岩貞)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 DeNAは7点差を追いついて今季5度目の引き分け。ラミレス監督は「リリーフ陣が全員いい仕事をしてくれた」とうなずいた。

 今季2度目の先発となったドラフト2位左腕の坂本が5回7失点も、6回から延長10回までは6投手で無失点リレー。打線は0―7の6回に4番・佐野の11号3ランなど打者11人で7得点。首位・巨人と8.5ゲーム差となったが指揮官は「6回は全てがかみ合ってあれだけ得点できた」と5戦連続2桁安打の打線を評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース