ソフトバンク2連勝!デスパイネ2発含む8得点、先発和田 6回途中無失点で今季5勝目

[ 2020年9月9日 21:09 ]

パ・リーグ   ソフトバンク8―1楽天 ( 2020年9月9日    楽天生命 )

2回1死、ソロ本塁打を放ちパフォーマンスするデスパイネ(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが9安打8得点で快勝し2連勝を飾った。投げては先発の和田が6回途中6安打無失点の好投で今季5勝目をマークした。

 打線は2回1死走者なしでデスパイネの今季1号ソロで先制に成功。3回には1死二塁で中村晃の右前適時打、5回には無死三塁で高谷の右前適時打、さらに2死一、二塁で柳田の右中間への適時二塁打で2点追加し、その後デスパイネのこの試合2本目となる2号3ランでこの回一挙6点を奪ってリードを8点に広げた。

 先発の和田は4回まで安打を許しながらも三塁を踏ませぬ好投。5回には2死一、三塁とピンチを迎えたが浅村から空振り三振を奪ってピンチを切り抜けた。5回2/3、101球を投げて、6安打無失点で降板。和田降板後は板東、渡辺雄と無失点リレー。4番手の高橋礼が9回に1点失うがリードを守り切った。

 楽天は先発の涌井が5回67球を投げて、9安打を浴び今季ワースト8失点で今季2敗目。打線もソフトバンク投手陣に1点しか奪えずチームは3連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース