東洋大149キロ右腕・村上、3回零封 スカウトの評価も上々

[ 2020年9月9日 05:30 ]

力投する東洋大・村上投手(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 今秋のドラフト上位候補で東洋大の最速149キロ右腕の村上頌樹投手(4年)は8日、埼玉県内で行われたオープン戦の東経大戦で先発し、3回を2安打無失点。最速は144キロを計測し、視察したソフトバンク・宮田善久アマスカウトチーフ補佐は「直球も変化球も自在に操れるコントロールがある」と評した。

 22日の東都大学野球秋季リーグ開幕戦でドラフト1位候補の牧秀悟内野手(4年)を擁する中大と激突する。「コースを突いて抑えたい。チームが勝てば自分の評価も上がる」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年9月9日のニュース