ヤクルト最下位転落 石川 1勝が遠い…5回4失点 

[ 2020年9月9日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―5広島 ( 2020年9月8日    マツダ )

<広・ヤ>2回無死一塁、松山に先制の適時二塁打を打たれた石川(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは9カード連続で初戦を落とし、最下位に転落した。先発の石川は2回無死一塁から松山に高めの134キロ直球を左翼への二塁打とされ先制を許すと、1死一、三塁からは田中広に左前適時打を打たれた。5回4失点(自責点2)でまたも今季初勝利はお預け。

 高津監督は「ポンポン続けて打たれた。先制されたところは反省しないといけない」と話し5安打で1得点の打線については「もう少し工夫していかないといけない」と苦言を呈した。

 ▼ヤクルト・中山(8回1死から左中間へ今季1号ソロ)打ったのは直球。代打だったので、初球から積極的にいこうと思っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース