ヤンキースが5連敗 ここ20戦で15敗目 9月の勝率5割以下は25年ぶり

[ 2020年9月9日 11:59 ]

5回にファウルフライを落球したヤンキースの捕手サンチェス(AP)
Photo By AP

 ヤンキースは8日、敵地バファロー(ニューヨーク州)で山口俊(33)が2勝目を挙げたブルージェイズに1―2で敗れて5連敗。今季の成績は21勝21敗となり、9月に入って勝率が5割以下となったのは1995年以来、25年ぶりとなった。

 アーロン・ジャッジ(28)、ジャンカルロ・スタントン(30)といった主力を欠いているものの、打線はわずか5安打と沈黙。ア・リーグ東地区首位のレイズには6・5ゲーム差をつけられて3位と低迷しており、この日メッツに勝って4連勝を飾った4位オリオールズとのゲーム差は0・5となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース