巨人・坂本が決勝打 14戦連続安打 “同級生”沢村刺激「僕も頑張る」

[ 2020年9月9日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―0中日 ( 2020年9月8日    ナゴヤD )

<中・巨>3回2死二塁、坂本は坂本は先制となる左越え適時二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本が決勝打を放った。3回2死二塁で大野雄のフォークを捉え、左翼フェンス直撃の先制打。「チャンスが少ない中で何とか打ちたいと思っていた」と振り返った。これで14試合連続安打。菅野の登板試合では打率.320、6本塁打と援護している。

 ロッテにトレード移籍した同い年の沢村についても「一緒に戦ってきた仲間。同級生としても切磋琢磨(せっさたくま)してきたので僕も頑張る」と思いを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース