大谷 3戦ぶりスタメンで4の1&1盗塁、打率は・194 チームの連勝は5でストップ

[ 2020年9月9日 11:59 ]

ア・リーグ   エンゼルス1―7レンジャーズ ( 2020年9月8日    アーリントン )

<レンジャーズ・エンゼルス>4回の第2打席に左前打を放つエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が8日(日本時間9日)、敵地アーリントンでのレンジャーズ戦に「5番・DH」で3試合ぶりに先発出場し、第2打席で左前打。この日は4打数1安打1三振1盗塁で打率は・194となった。チームは1―7で敗れ、連勝は5でストップした。

 相手先発は、過去4度対戦して9打数4安打(打率・444)と好相性の右腕リン。初回の第1打席は空振り三振だったが、1点を追う4回の第2打席に1死走者なしから左前打。カウント0-2と追い込まれながらも内角の直球を流し打ちで運んだ。さらに、二盗を決めて今季7盗塁目もマーク。その後、暴投で三進したが後続が倒れて同点のホームとはならなかった。

 6回の第3打席は1死一塁の場面から投ゴロで併殺、5点を追う8回の第4打席は2番手右腕ヘルナンデスのチェンジアップを打たされて投ゴロだった。

 大谷は、6日(同7日)のアストロズ戦には欠場し、7日(同8日)は試合がなく休養。前回出場となった5日(同6日)の同カードのダブルヘッダー(7回制)では、1試合目に「4番・DH」で先発出場し、先制左前打するなど3打数1安打1四球。2試合目は、6回に代打で空振り三振に倒れ、打率・192となっていた。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース