東都大学 秋季Lは観客上限3000人 2戦総当たりの合計勝利数で優勝争う

[ 2020年9月9日 05:30 ]

 東都大学野球連盟は8日、都内で理事会を開き、22日に神宮球場で開幕する秋季1部リーグ戦について上限3000人の観客を入れ、2戦総当たりの合計勝利数で争うことを決めた。

 優勝は勝利数が同じ場合に当該対戦成績で決め、それでも決まらない場合は決定戦を行う。昨秋初めて実施したタイブレーク制を今季も採用。延長10回無死一、二塁からの継続打順で行う。1部の応援団入場可否については継続審議とし、2~4部については無観客で実施する方針。春のリーグ戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催できなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース