【ファーム情報】ヤクルト加入の歳内 6回無失点で初白星、巨人11点大勝 移籍の香月4の0

[ 2020年9月9日 22:25 ]

 プロ野球のファームは9日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて計5試合が行われた。

 ヤクルトはナイターのDeNA戦(横須賀)に、9回表無死降雨コールドゲームで9―0で勝利。独立リーグの四国・香川から入団した元阪神の歳内が移籍後初先発し、6回68球を投げて3安打無失点で5奪三振。初登板で1勝目を挙げた。荒木が9回の2号3ランなど3安打。DeNA先発・桜井は3回1安打無失点。2番手・飯塚が2回7安打6失点(自責5)で2敗目(1勝)。

 楽天はロッテ戦(森林どり泉)に1―0。相手の10安打に対して、村林が3回に放った中前適時打の1安打のみで勝利した。先発のドラフト6位・滝中(Honda鈴鹿)は6回5安打8奪三振無失点で2勝目(1敗)。ロッテ先発の育成選手・森は8回1安打1失点で完投も3敗目(1勝)。

 巨人は日本ハム戦(ジャイアンツ)に11―4。育成選手のウレーニャが初回に10号先制2ラン。山本が3回の2号2ランなど3安打を放った。ロッテからトレード移籍の香月は「5番・DH」で出場して4打数無安打1打点だった。先発・宮国が6回3安打8奪三振2失点(自責1)で1勝目(1敗)。日本ハムは3回に難波が1号ソロ、8回に育成選手の樋口が12号2ラン。先発のドラフト2位・立野(東海理化)は3回7安打7失点で3敗目(2勝1セーブ)。

 中日は広島戦(由宇)で先発全員の16安打を放って14―4で大勝。シエラが2回に先制の3号ソロ。根尾が9回の4号ソロなど2安打2打点だった。先発・清水は3回3安打無失点で5奪三振。広島先発・モンティージャは4回1/3を6安打4失点で1敗目(1勝)。

 阪神はオリックス戦(オセアンBS舞洲)に1―0。9回に代打・伊藤隼が決勝の右翼線二塁打を放った。先発・中田は6回2安打無失点の好投。2番手のドラフト1位・西純(創志学園)が2回1安打無失点で2勝目(1敗)。オリックス先発の育成選手・東は4回2/3を4安打無失点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース