阪神・青柳 5回8安打4失点で降板

[ 2020年9月9日 19:35 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年9月9日    横浜 )

<D・神>力投する阪神先発の青柳(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 阪神先発の青柳は5回8安打4失点で降板した。

 初回に1点先制してもらった直後に1死一塁からソトに左翼線適時二塁打を打たれて同点に追いつかれると、なおも1死二塁から4番・佐野に高め直球を三塁線を破る適時二塁打で勝ち越しを許した。

 2~4回はゼロを並べ、立ち直ったかに思われたが、5回1死一、三塁から佐野に右中間2点二塁打を打たれて3点差にリードを広げられた。今季DeNA戦には3度の先発で2勝と好相性を誇っていたが、中5日のマウンドで先発として長いイニングを投げることはできなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月9日のニュース