広島・誠也タイムリー 「2番・長野」の進塁打に応えた

[ 2019年9月1日 19:11 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年9月1日    マツダ )

<広・D>3回1死二塁、鈴木は左翼線に適時二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・鈴木誠也外野手(25)は、1点優勢で迎えた3回1死二塁で今永の初球のカットボールを左翼線への適時二塁打とした。

 「打ったのはカットボール。内角の球にいい反応でうまく対応することができました」

 この日は、長野が今季初となる2番で先発出場。無死一塁から長野が二ゴロで進塁打とした直後の打席だった。新たな「2、3番コンビ」で、貴重な追加点を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月1日のニュース