ソフトB和田、屈辱最短KO 2回3被弾で6失点「試合壊してしまった」 

[ 2019年9月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―10西武 ( 2019年8月31日    メットライフD )

2回を終え、ベンチへ戻る和田(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 大飛球が舞うたびにぼうぜんと見送った。ソフトバンク・和田は初回に森と山川の2ラン2発を浴びると、2回にも秋山にソロを許す。今季最多の6失点、最短の2回でKOされての3敗目に「初回から試合を壊してしまった」と声を落とした。

 3回以降に味方が5点を返しただけに「しっかり自分が投げていればこんな展開になっていない」と責任を口にした。5連敗で西武にゲーム差なしと詰め寄られた工藤監督は「3つ負けるわけにはいかない」と力を込めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月1日のニュース