楽天・平石監督 母校の甲子園「復活」喜ぶ

[ 2019年9月1日 13:38 ]

 元PL学園主将で、楽天の平石監督が、母校の甲子園「復活」を喜んだ。

 元巨人の桑田真澄氏らの活躍で、PL学園が大阪代表として元高校球児による「マスターズ甲子園2019」(11月9、10日開催)に出場する。平石監督は1日の日本ハム戦前に「うれしいですね。あそこまで(メディアが)取り上げてくれる高校は、なかなかないと思う」と話し、大先輩である桑田氏らの尽力にも感謝した。

 「僕らのときは、PL学園のユニホームを着て球場に入ると周りが“おおっ”となった」

 春3回、夏4回の甲子園優勝を誇る名門。現在は事実上の廃部状態だが、聖地に再び登場する伝統のユニホームが平石監督を始め、OBたちを歓喜させるのは間違いない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月1日のニュース