日本ハム 泥沼6連敗…楽天・石橋の前に7回までわずか1安打 楽天は3連勝

[ 2019年9月1日 17:36 ]

パ・リーグ   日本ハム1―2楽天 ( 2019年9月1日    楽天生命パーク )

<楽・日23>2回無死、ブラッシュに先制左越えソロ本塁打を打たれた金子(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 日本ハムが楽天に敗れ6連敗。前日8月31日同カードでの零封負けに続き、この日も散発4安打1点と打線が振るわなかった。

 初回は簡単に三者凡退に抑えた日本ハムの先発・金子だったが、2回。今季対戦打率・625と打たれている4番・ブラッシュに甘く入った2球目の変化球を捉えられ、左翼スタンドへ28号ソロと、6試合連続で先制を許す。さらに1死二塁から、ドラフト6位ルーキーの7番・渡辺佳に左前適時打を浴び、この回2点を失った。

 打線は初回に先頭の1番・西川が左前打で出塁したが、2番・大田が空振り三振、3番・近藤が一塁併殺打に倒れる。その後、7回までわずか1安打に抑え込まれていたが、0―2で迎えた8回、楽天2番手・森原を攻め立て2死三塁。ここで代打の切り札・田中賢が右前に運び1点差。なおも2死一塁で9番・平沼が強烈な打球を放ったが、これを一塁手・銀次に好捕され、万事休した。

 楽天先発・石橋は、7回以外全て3人で片づける完璧な投球を披露し、7回94球1安打無失点で7勝目(6敗)。チームの3連勝に貢献した。松井は32セーブ目。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年9月1日のニュース