西武・栗山、後輩に慕われる“人格者” 野球と向き合う姿勢は周囲の見本

[ 2019年9月1日 08:30 ]

パ・リーグ   西武10―5ソフトバンク ( 2019年8月31日    メットライフD )

後輩の源田にサプライズでケーキをプレゼントされて喜ぶ、西武・栗山
Photo By スポニチ

【記者フリートーク】西武・栗山の寡黙に真っすぐに野球と向き合う姿勢は周囲の見本であり、後輩からも慕われている。8月26日には遠征先の釧路で後輩の源田を誘って食事。今月3日が36歳の誕生日であり、一足早くサプライズで高級下着とケーキをプレゼントされた。

 「僕が面倒を見られているだけですよ」と謙遜するが、源田は「一緒に食事をしているだけでも勉強になります」と感謝する。山川も「野球への向き合い方もそうですし、あそこまでの人格者はいない。本当に尊敬します」と話す。先輩から受け継いだ名門球団のDNAは、しっかり若手に継承されている。(西武担当・武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月1日のニュース