女子15人制ラグビー日本代表の藤本麻依子が始球式「ラグビーをしているときよりも緊張」

[ 2019年9月1日 16:04 ]

パ・リーグ   楽天―日本ハム ( 2019年9月1日    楽天生命 )

<楽・日>始球式を行う、女子15人制ラグビー日本代表の藤本麻依子(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 試合前の始球式を女子15人制ラグビー日本代表の藤本麻依子が務めた。

 チームメートの南早紀が見守る中、「サクラフィフティーン」の背番号2のユニホーム姿で振りかぶって投じた1球は、惜しくもワンバウンド。藤本は「マウンドに立った瞬間にラグビーをしているときよりも緊張してしまい、ワンバウンドになってしまいました」と悔しそうだった。

 21年にはワールドカップの開催も控え、「私たちも2年後のワールドカップ出場に向けて、11月のスコットランド戦でいい試合ができるように頑張ります」と、力強く話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年9月1日のニュース