ロッテ“純和風打線”機能せず 井口監督「チャンスで1本出なかった」

[ 2019年9月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―2オリックス ( 2019年8月31日    ZOZOマリン )

交代を告げる井口監督(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ロッテは今季初めてレアードをスタメンから外した「純和風打線」が、機能しなかった。6回までアルバースに無得点。0―1の7回1死一、三塁、田村がスクイズを成功させたが、1―1の8回1死二、三塁と勝ち越しの絶好機も4番・井上、5番・清田が倒れた。

 最少失点に抑えてきた投手陣も9回2死、守護神・益田が安達に決勝ソロを浴びて、連敗。井口監督は「チャンスで1本が出なかった」と言葉も少なかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年9月1日のニュース