U18侍・宮城、準備OK「チームの勝利に貢献したい」

[ 2019年9月1日 05:30 ]

試合前、ウオーミングアップでダッシュする宮城
Photo By スポニチ

 最速149キロ左腕・宮城は試合中に2度のブルペン投球を行いライバルとの決戦に備えた。永田監督からは、「明日、あさって(米国戦と台湾戦)に向けて調整が必要」と伝えられたそうで、「いつ投げるかは分からないけど、チームの勝利に貢献したい」と語気を強めた。

 米国打線への対策は、「腕が長くて外に強いので内角で詰まらせたり、変化球でかわしたい」。興南で沖縄大会準優勝に終わった悔しさを、世界の舞台でぶつける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月1日のニュース