西武“ゆうちゃん”金子侑が決勝打「チャンスで打てて良かった」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   西武9―2広島 ( 2019年6月6日    メットライフD )

2回1死二塁、金子侑が左前適時打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武は「山ちゃん」が大爆発し、決勝打は「ゆうちゃん」金子侑が放った。

 同点の2回1死二塁で勝ち越しの左前打。「打ったのはフォーク。チャンスの場面で打てて良かった」。すぐさま二盗も決め、リーグトップの盗塁数は23。ど派手な5本塁打が飛び出す展開で、レオのゆうちゃんは渋い働きだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース