マエケン5回1失点、救援陣打たれ8勝目ならず 次戦大谷と対戦も

[ 2019年6月7日 02:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース2―3ダイヤモンドバックス ( 2019年6月5日    フェニックス )

<ダイヤモンドバックス・ドジャース>先発し、5回を2安打1失点だった前田
Photo By 共同

 ドジャースの前田は5回1失点で勝利投手の権利を持って降板したが、救援陣が逆転されリーグ単独2位の8勝目はならなかった。

 翌6日(日本時間7日)は試合がなく、救援陣に登板機会を与えたい首脳陣の意向で70球で降板。「本来ならもう少し投げられる試合だった」と苦笑いした。試合前まで敵地チェース・フィールドでは8試合で2勝4敗、防御率7・31。同地区の中でも特に相性が悪かったが「マウンドが高く、硬くなった。嫌な感じはなくなった。今は苦手とかあまり左右されない」。次回11日(同12日)はエンゼルス戦の予定で、大谷と対戦する可能性は高い。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース