登録抹消の阪神・ジョンソンは「リフレッシュ。アクシデントではない」 球団広報が説明

[ 2019年6月7日 16:17 ]

4日のロッテ戦で3番手で登板したジョンソン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 出場選手登録を抹消された阪神・ジョンソンについて、球団広報が「登板が重なったことによる疲労を考慮した、リフレッシュの意味での登録抹消です。アクシデントがあったわけではありません」と説明した。

 ジョンソンは前日6日のロッテ戦で1点リードの8回に登板せず。矢野監督は「今日はちょっと休ませようと思ってね。(コンデション不良?)そういうのではないんだけどね。1年間、長いのでね」との方針を示していたが、翌日に登録抹消となった。

 セットアッパーとしてここまでチームトップ28試合に登板し、防御率0・64。圧倒的な成績を残していた助っ人右腕の、少しでも早い復帰を願い。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース