佐賀県・山口知事が始球式 3年連続の「佐賀さいこう!ナイター」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   西武9―2広島 ( 2019年6月6日    メットライフD )

始球式をする山口祥義佐賀県知事(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武―広島戦(メットライフD)が「佐賀さいこう!ナイター~同郷監督対決!~」として開催された。

 辻、緒方監督とも佐賀県出身で、開催は今年で3年連続。背番号「3150(さいこう)」のユニホーム姿で、始球式でノーバウンド投球を披露した山口祥義知事(53)は「継続してやれるのも両監督の成績がいいから。うれしく思います」。試合前には青と赤の「肥前びーどろ」を差し入れて2人を激励。「今年こそ同郷での日本シリーズを実現してほしい」と願った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月7日のニュース