日本ハム秋吉、古巣斬りで12球団セーブに王手「結果で恩返しできた」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   日本ハム3―1ヤクルト ( 2019年6月6日    札幌D )

9回に登板した秋吉(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 昨年オフにトレードで加入した日本ハム・秋吉が、古巣を相手に今季11セーブ目を挙げ、史上5人目の「12球団セーブ」にリーチをかけた。

 4日の初戦は同点の9回を無失点に抑えた。この日は2点リードの9回に登板し、1死から大引に左前打を許したが雄平、宮本を難なく抑えた。残るはソフトバンクだけとなった守護神は「(元同僚との対戦は)最初はやりづらかったけど結果で恩返しできた」と感慨深げに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース