日本ハム清宮、村上の前で適時打&好捕 栗山監督「最高に格好良かった」

[ 2019年6月7日 05:30 ]

交流戦   日本ハム3―1ヤクルト ( 2019年6月6日    札幌D )

3回2死一、二塁、適時打を放ち、一塁手・村上(右)と談笑する清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 必死の形相で白球を追いかけた。もう落とせない。3―1の7回2死一、二塁。代打・荒木が一塁ベンチ前に打ち上げた飛球を日本ハム・清宮がスライディングしながら好捕した。最後は勢い余って人工芝に顔をすりむきながらの執念のキャッチでチームの連敗を阻止。初回にネット際の邪飛を捕球ミスしていただけに「勝ちたい一心だった。何としても捕るという気持ちでいった」と笑顔。普段は清宮に厳しい栗山監督も「捕り方は格好悪かったけど、気持ちは最高に格好良かった」と手放しで称えた。

 今カードで同い年のヤクルト・村上と初対決。村上は初戦から1本塁打を含む3試合連続打点と結果を残す一方、清宮は「6番・DH」で先発した初戦は4打数無安打、2戦目は先発から外れて出番なしだった。2戦ぶりの先発で父・克幸さんも観戦に訪れる中、3回2死一、二塁から5試合ぶりの適時打となる右前適時打。村上がセ・リーグトップの45打点目を挙げる中、「負けられない思いは強まった。ああいう選手がチームに必要とされる」と好敵手の勝負強さに刺激を受けた様子だった。

 7日は阪神との交流戦で早実3年春以来、2年ぶりに甲子園でプレーする。「非常に楽しみ。早くやりたいと思っていた」。プロとして凱旋する聖地で高1夏以来のアーチを狙う。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース