ロッテ 投手交代でドタバタ…「チェンが理解できてなかった」西野への交代認められず

[ 2019年6月7日 21:16 ]

交流戦   巨人4―3ロッテ ( 2019年6月7日    東京D )

<巨・ロ>8回、マウンドに上がったものの、この後一度ベンチへ戻るチェン(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 終盤に起きた投手交代時のハプニングにロッテ・井口監督は「チェンが理解できてなかった。こっちもちゃんと伝えないといけなかった」と反省を口にした。

 2―4の8回。3番手の西野がマウンドに上がり、投球練習を始めたが審判が交代を認めなかった。

 交代と認識していなかったチェンが一度インフィールドに入ったため、ルール上、次の打者に投球しなければいけなかったため。無死一、二塁となったところで、ようやく西野が登板したが、終盤のドタバタ劇で反撃ムードにも水を差す形となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月7日のニュース